CD-ROM制作Q&A集
(レーベル印刷)


CD-ROMのレーベル印刷について、Q&A形式でご説明します。


レーベル印刷の版下を準備する際、注意点はありますか?

レーベルデザインは、印刷可能範囲のみでお願いします。
ヌリたし等印刷範囲外にデザインされますと、再作成や別途加工料金が必要になる事があります。

なお、その他、印刷別に注意点を次に記述します。

●シルクスクリーン印刷用版下作成時の注意点

1. 製版用ポジフィルム(膜面上・線数:90線前後)をご用意ください。
2. 色別に版下を分版して下さい。
(すべての版下には、トンボが必要です。)
3. アタリ等の印刷不要なものは、削除してください。

●オフセット印刷用版下作成時の注意点

1. 製版用CYMK4色分解ネガフィルム(膜面下・線数:175線前後)をご用意ください。
2. シルクスクリーン印刷 2, 3 と同じです。

  ※ funfunでは、レーベル印刷のデザイン〜版下作成、及び、その他印刷物制作を承っています。
     また、版下用テンプレートを用意しています。


レーベルデザイン時の注意点はありますか?

印刷時に、ズレや線のかすれ等が生じる事があります。
注意点とご了承頂きたい点について次に記述します。

●注意点

・ 最も細い線の太さが「ノセ」で、 0.125mm 以上、「ヌキ」で 0.175mm 以上となるようにしてください。
(これにより細い線はかすれたり、つぶれてしまったりします。)

・ 明朝体、毛筆体の文字をご使用されると、前項の理由から部分的にかすれたり、つぶれてしまったりする場合があります。
文字の大きさ等にご注意願います。

・2色〜4色印刷で「抜き合わせ」のあるものは、位置精度 0.3mm を上限にズレが生じる場合があります。
あらかじめご了承ください。

・グラデーション・中間調のあるデザインの場合、
   線数を 85線〜95線、階調度を 30% 〜 80%
の間で原稿を作成して頂くときれいな仕上りになります。


レーベル面に表示しなくてはいけないものはありますか?

次の表示事項をお読みください。

●CDロゴマーク

CDロゴマークは、CDの製造・販売に関するライセンス契約によって表示が義務づけられています。
なお、ロゴマークは、CD-DA, CD-ROM, CD-I 等、CDの種別によって異なります。

●原産国表示

この表示は、消費者保護行政の一環として、景品表示法で規定されているもので、当該CDを製造した国名を明示するための表示です。
(例)
   MADE IN JAPAN
   MANUFACTURED BY ○○○ JAPAN

  ※ 一部ロゴマークファイルをご用意しています。


Copyright 1994-2010 華華工房 funfun-kobo,Inc.  All Rights Reserved.

制作ガイドに戻る